《Asu》Appleが日本で新しいCMを! あの Designed by Apple in Californiaだ

LINEで送る
Pocket

先日のエントリーで紹介した、WWDC2013で発表された、AppleのCM「Designed by Apple in California」の日本語版が公開されていました。

Designed by Apple in California | Apple

Appleのサイトに動画と、日本語訳が公開されていましたので紹介しましょう。

2013-06-23 1.02 のイメージ
2013-06-23 1.03 のイメージ

 

これだ。
これこそが、大切なんだ。
プロダクトがもたらす体験。
人が何を感じるのか、ということ。
そのあるべき姿を思い描くとき、
一歩引いて、じっくりと考える。

これは、誰のためになるのか?
生活をより良くするのか?
存在する価値があるものなのか?
あらゆるものを作るのに追われていては、
完璧なものなどできやしない。

私たちは、偶然なんて信じない。
ましてや、まぐれなんて。
ひとつの「YES」の前には、
数えきれないほどの「NO」がある。
私たちは、数少ない素晴らしいものだけに、
膨大な時間を注ぎ込む。
手がけるすべてのアイデアが、
それを手にする人の暮らしを輝かせるまで。

私たちはエンジニアであり、アーティストである。
職人であり、発明家である。
私たちは、サインを刻む。
あなたは気づかないかもしれない。
けれども、いつも感じ取っているはずだ。
これが、私たちのサイン。
それは、すべてを語る。

Designed by Apple in California

TV CMでは、この一部がナレーションされています。

今までのAppleのCMとはちょっと雰囲気の違ったCM、お楽しみ下さい。

 

▽こちらの記事もどうぞ
WWDC2013の生中継を見て、これまで、そして最近のAppleには無かった、なにやら安心感のようなものを感じました。

《Asu》WWDC 2013 で感じた安心感はこれだったのか!〜Designed by Apple in California 

 

このCMが発表された、WWDC2013の基調講演がYouTubeでも公開されていますので、こちらもどうぞ。

LINEで送る
Pocket