《Asu》仕事でインターネットをフル活用! そこに潜む罠に陥らないためのポイント

LINEで送る
Pocket

インターネットと仕事

みなさんは、インターネットを仕事でどれぐらい活用していますか?
インターネットというものは、生活やビジネスのさまざまなシーンで「普通のインフラ」として定着してきた感があります。これをどれだけ上手に活用するか、ということが生産性を左右するといっても過言ではありません。仕事の中でネットをどのように活用するか、そこには誰もが陥りやすい罠と、それによって得られる大きな果実があるように思います。

専門用語を調べたりするのはもちろん、過去の事例や世の中で話題になっているテーマをざっと収集するのに、インターネットは今や欠かすことのでないツールであると言えます。

とはいえ、古い慣習がいまだに残っているような企業などでは、『インターネット = 遊び』 という図式が今でも強く残っていると感じます。そんな環境の中でも自分の生産性をなるべく高め、他の人とは一味違う『デキるやつ』と評価されるために、気をつけておくべきちょっとしたポイントがあります。

 

a0002_011084

仕事でネットを使う時に誰もが陥りやすい罠と防御策

1.まわりから遊んでいるように見られる

デスクで業務時間中にPCでインターネットを開いていると、まわりから『遊んでいるのでは』という目で見られがちです(ホントはそうでなかったとしても)。

 

◆日頃からの印象が大事

他人の持つ印象は、特に悪い印象の方が記憶に残りがちです。また、常日頃から小さくても良い印象を積み重ねておけば、良い印象を持たれるものです。

こいつはネットを仕事に使ってるな、と印象づける

会議や打ち合わせなどでプロジェクターにPCの画面を写して資料を表示したり、その場でメモをとったりすることがあります。その時がチャンスです。打ち合わせの中で生じた疑問点の中で、調べれば解決するようなものについては、すぐその場でGoogleで検索してメンバーに共有するようにします。特に上司も一緒に参加している場でこういうパフォーマンスを見せておけば、『あぁ、こいつはインターネットをこんなふうに仕事に活用しているんだ』ということを、説明する必要なしで理解させることができます。そのためにも、日頃から検索テクニックを磨いておく必要がありますね。

そして、本当の意味で私用でインターネットを使う時は、iPhoneやiPadなどの自分のデバイスを使うようにするのがベストです。

 

2.ミイラ取りがミイラになる

インターネットの利便性は、検索の容易さと、そこからハイパーリンクで無限に広がる情報の海にアクセスできることです。ただし、この海は一度そこに迷い込むとなかなか抜け出せないという危険性をはらんでいます。

ネットサーフィンをしているうちに、どんどん発想が広がって、関連するいろいろなこと(時として全然関連しないテーマ)に飛んで行くこともあります。これもホントはインターネットのいい面でもあります。しかし時間と成果を求められる仕事で活用する場合においては、逆に業務の生産性を落とす原因にもなりかねません。

 

◆アウトプット先を決めておく

私は、情報の海で迷子にならないために心がけていることがあります。
それは、アウトプット先を何種類か決めておき、作業が自動的にひと段落つけるようにする、という方法です。アウトプット先として使っている方法は次のようなものがあります。

◇Evernoteにクリップする

この場合、何のために調べたのか、調べた結果何がわかったのか、などをコメントとして一緒にクリップしておくと、あとで見返したときにその時の記憶がリアルに蘇ってきます。

このようなクラウドサービスを活用し、インターネットを使った調べものを行うときのゴールとなる作業を自分で決めておきます。これをケジメとして意識することで、作業を横道にそれさせない効果を生み出します。

 

◆ゴールと同時に「あとで読むリスト」を用意しておく

ネットの世界で脱線してしまう一番の原因は、今やるべきこととは別の、それでいて自分にとっては興味深い情報に接してしまったことです。そのために、「今は必要ないが、きちんと後で読める」という情報の逃げ道=一時的なストック場所 を用意しておくことが大事です。

今欲しい情報とは直接関係ないものはPocketに一時保存

Pocketというクラウドサービスがあります。これを使うとウェブサイトをまるごとクリッピングし、それらをiPhoneやiPad、そしてPCのブラウザーから、完全に連動した形で閲覧、編集することができます。

▽参考サイト→ 「Pocket」の使い方 – Gigazine

これを、情報の逃げ道として活用します。気になる情報があったら、どんどんPocketに放り込みます。そして今やろうとしていることに意識を引き戻します。Pocketに保存したサイトの情報は、あとでいくらでも確認して、活用できますので安心ですね。

 

さいごに

今回紹介したようなことを実践するときに、私が紹介した具体的な方法にとらわれないことが大事です。手段については、人それぞれ合った方法や、好みもあります。そこで考え方を参考にしながら、あなたのオリジナルな方法を見つけてください。もちろん、オリジナルを見つけるために、最初はどんどん他人の真似をすることも大切です。そういう私も、他のブロガーや本の著者の方の方法をあれこれ真似をしながら、いつも試行錯誤しています。

みなさんが実践している方法を教えて下さい。

LINEで送る
Pocket