《Asu》Evernote for iOS7 最新の写真が読み込めない〜と思ったら、こんなところに!バグですね

歓迎!Evernote for iOS7

Evernote for iOS7が登場しました。

Evernote for iPhone, iPad, iPod Touch の新機能 | Evernote

いろいろなブログで取り上げられているように、以前のiOS用アプリから大きく変化して、使いやすく、そしてデザインも見直しされています。

Evernote for iOS7 同期を待つ必要が無くなり、ついに誰にでも勧められるアプリになった | ごりゅご.com

純正アプリを使う一番の問題点であった、いちいち同期をしないと新しいノートを見れない、という問題点もiOS7で改善されています。

非常に使いやすくなった、Evernoteアプリなんですが、ひとつ不具合があることに気が付きました。

 

今月撮影した写真が取り込めない!

特に、トップページから直接行える、クイックノートの機能を使って、気軽にメモを投入!というところまでは良かったんですが、すでにiPhoneで撮影してある写真を取り込むときに、、、

IMG_4642

トップ画面の一番下に”クイックノート”の機能があります。
左から2番めのアイコンが、カメラロールからの写真の読み込みになります。

IMG_4643

なんと、現在は2013年10月なのに、今月撮影した写真が出てきません。
表示されるカメラロールは、2013年9月のものが最新です。

通常は最新のものが一番上に出てくるはずです。

もしかして反対に??と思って、ずーっと下までスクロールさせてみましたが、出てきたのは8月・・・。今月の写真がどこかいってしまいました。

9月に使ったときは正常に使えていたはずなので、これはプログラム上の不具合かも!と思って、さらにずっとずっと下にスクロールさせていきます。

9月→8月→7月→6月→5月→4月→3月→2月

そして、なんと、2月の下に、

IMG_4646

 

2月の下に 「今日」「昨日」「今月上旬」が出てきました。

そして、その下は・・・

IMG_4647

なんと、今月の次は1月になっています。

 

原因は単純ミスですね

この現象を整理してみると、原因がよくわかります。

9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
10月
1月

どうやら、カメラロールに表示する月の並び順が、いわゆる「年月」で並べられているのではなく、単純に「月の文字列」で並べられているだけのようです。

バグ的にはかなり素人っぽいミスではないかと思います。

早急に改善されることを期待しましょう。

 

《Asu》Evernoteの日本語文字認識精度向上に協力しよう!

EvernoteのWebサイトに、次のような記事がありました。
2010年に公式ブログで依頼が掲載されていましたが、まだ受け付けられているようです。

日本語の文字認識精度向上のためのお願い | Evernote

Evernoteは、保存されたPDFや画像ファイル内に書かれた文字を、活字だけでなく、手書き文字も認識してくれます。しかもこれが検索の対象データとして扱われるため、登録したメモなどのデータを、キチンと整理しなくても探し出すことが簡単にできます。

そんな、Evernoteの日本語の手書き文字の認識機能を向上させるためのデータ採取ということのようです。それでは、さっそくやってみることにしましょう。

“《Asu》Evernoteの日本語文字認識精度向上に協力しよう!” の続きを読む

《Asu》Skitch for Macがアップデート さらに便利になった2つの機能

Skitch for Macがアップデート

いつもお世話になっているツール:Skitch for Macがアップデートして、新しく機能が強化されました。 →Skitch for Macのダウンロードはこちら

Mac App Storeで更新しました。

2013-06-27 23.35 のイメージ

アップデートの詳細はEvernoteブログでも紹介されています。いくつかある新機能の中で、自分的にヒットだった3つの機能を紹介します。 “《Asu》Skitch for Macがアップデート さらに便利になった2つの機能” の続きを読む

《Asu》ChromeとEvernoteの連携プレイで関連ウェブリンク集をまとめてキャプチャーできる!

Evernoteへウェブサイトをクリップする新しい方法

ウェブサイトの情報をEvernoteにクリップしている人は多いのではないでしょうか。あるテーマについていろいろな関連サイトを調べている時、それを1つずつクリップする、というのが通常の方法です。この場合、ウェブサイトの内容もクリップされ、検索対象となるので重宝します。

一方で、個別のウェブページの情報は保存されるのですが、それらを関連づける情報がありません。ある日、自分は何かについて調べたとき、どのようなサイトを巡り歩いて、どのような情報を得ることができ、そして何を考えたのか。Evernote使いとしてはここまで残しておきたいものです。

そのために私が行なっている方法を紹介します。 “《Asu》ChromeとEvernoteの連携プレイで関連ウェブリンク集をまとめてキャプチャーできる!” の続きを読む

《Asu》情報はEvernoteに、感情はモレスキンに残す 自分流ユビキタス・キャプチャー

ユビキタスキャプチャーという言葉を知っていますか

ライフハック系の記事を追いかけている人ならば、ユビキタス・キャプチャーという言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。2007年に書かれたLifehacking.jpの堀さんのエントリーにはこんなふうに紹介されています。

ユビキタス・キャプチャーという言葉は誰がいいだしたのかはっきりしないのですが、43Folders あたりでは気づいたらふつうに使われていました。

最近よく使われるようになったこのユビキタスという言葉には、「汎用的」とか「どこでもみつかる」という意味がありますが、ここでは「全ての場所で全ての出来事を」という意味に使っています。つまり、「ユビキタス・キャプチャー」というのは、「人生に起こる全ての出来事を記録してゆく」という手法です。

(中略)こうして記録してゆくことによって様々な効果が生まれます。

ものごとに「忘れる」すきを与えない安心の感覚。創造性や発想力。そしてなによりも、人生の一瞬一瞬を捉えて放さないぞ、という「コントロール」の感覚です。

「全てを手帳に記録する」、ユビキタス・キャプチャーの実践 :Lifehacking.jp

堀さんのエントリーには、このあとモレスキンのポケットノートブックを使って実践する方法が紹介されています。そして、最も大事なキャプチャーとして、次のようなことが書かれていて、初めてこの記事を読んだ時に、なるほど!と衝撃を受けた記憶があります。 “《Asu》情報はEvernoteに、感情はモレスキンに残す 自分流ユビキタス・キャプチャー” の続きを読む