《Asu》カンタンExcelツール化②〜ピボットテーブルのデータ更新を自動化する

LINEで送る
Pocket

前回の記事で、CSVファイルからExcelへのデータ取り込みができました。コピペではなく「外部データの取り込み」を使うと次のようなメリットがあります。

  • データの更新=新しいデータファイルの読み込みが楽チン
  • 取り込んだデータに範囲名が設定され、更新後行や列に変化があっても同じ範囲名が使える

《Asu》カンタンExcelツール化①〜CSV等の外部ファイルのデータをExcelシートに読み込む方法 | アスノート AsuNote.jp 今回はこの続きとして、ピボットテーブルを作成し、作った集計表が半自動更新されるようにして、作業を効率化してみましょう。

“《Asu》カンタンExcelツール化②〜ピボットテーブルのデータ更新を自動化する”の続きを読む

LINEで送る
Pocket

《Asu》カンタンExcelツール化①〜CSV等の外部ファイルのデータをExcelシートに読み込む方法

LINEで送る
Pocket

Excelでデータの集計や分析を行うときの手順は、通常何も考えないと次のようになりますよね。

  • 元データの入手
  • 集計用のExcelにデータを取り込む
  • Excelで集計やピボットテーブルを作成

例えば、毎日更新されるデータがあって、毎日同じフォーマットで集計表を作る場合はどうしますか?

  • 集計表のExcelを再利用して、データをコピー等で追加していく。
  • 毎回Excelの新規ブックから作成

こういうパターンの作業の効率アップのため、Excelをカンタンにツールっぽく使うためのヒントを紹介します。マクロは極力使わないでいこうと思います。

今回は第一弾として、Excelにデータを取り込むところ。

“《Asu》カンタンExcelツール化①〜CSV等の外部ファイルのデータをExcelシートに読み込む方法”の続きを読む

LINEで送る
Pocket

《Asu》Excelのピボットテーブルで集計が「データの個数」になってしまうときの対処法

LINEで送る
Pocket

仕事で役立つ!Excel活用法シリーズ Excelの使い方を解説したサイトはたくさんありますが、意外と言及されていないのが、『ピボットテーブル』。私のところでは、ピボットテーブルを活用した、業務で活用するExcelツールを作っていますので、そこで出てきた、意外と知らなかったノウハウを紹介していこうと思います。 ピボットテーブルの基本や使い方については、こちらのサイトが詳しく説明されています。 Excel豆知識:ピボットテーブル

ピボットテーブルで「データの個数」で集計されてしまう!

さて、今回のテーマは、ちょっとマニアックかもしれません。 数値データをピボットテーブルに取り込んだときに、通常は合計値が表示されますが、ときたま、数値の合計ではなく、データの個数になってしまうことがあります。 この原因について考察し、対処方法を考えてみました。画面のサンプルはExcel2010ですが、Excel2003でも同様となります。

“《Asu》Excelのピボットテーブルで集計が「データの個数」になってしまうときの対処法”の続きを読む

LINEで送る
Pocket