《Asu》ネット生活に疲れないための、たった1つのキーワード

LINEで送る
Pocket

誰にでも迫ってくるSNS疲れ

わたしたちの日常生活に、大きく入り込んでいるソーシャルネットワーク(SNS)。生活を充実させ、コミュニケーションを深めるための、もはやインフラとでも言うべき存在になっています。

便利な存在ではありますが、一方で、「○○疲れ」という言葉がよく聞かれるように、うまく使いこなす道具であるはずのSNSに生活を縛られて、逆に疲れてしまい、結局、使うのをやめてしまう、という例もたくさんみられるようです。

コトバンクでは次のように紹介されています。

エスエヌエス‐づかれ 【SNS疲れ】

《 SNS tired 》ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)内でのコミュニケーションによる気疲れ。SNSの長時間の利用に伴う精神的・身体的疲労のほか、自身の発言に対する反応を過剰に気にしたり、知人の発言に返答することに義務感を感じたり、企業などのSNSで見られる不特定多数の利用者からの否定的な発言や暴言に気を病んだりすることを指す。代表的なSNSの名称を用いて、ツイッター疲れ、ミクシィ疲れ、フェースブック疲れなどともいう。

http://kotobank.jp/word/SNS%E7%96%B2%E3%82%8C

SNS疲れ以外にも、自分の場合は「ブログを書く」ということも、○○疲れのひとつになってしまう可能性があるのではないかと思います。

 

魔法のヒトコト

こんな、○○疲れに負けない、じゃなくて、ならないためにはどうすればいいのでしょうか。

わたしの昔からのモットーで、次のような言葉があります。 “《Asu》ネット生活に疲れないための、たった1つのキーワード” の続きを読む

LINEで送る
Pocket

《Asu》速報:謎のGoogle検索トラフィック激減事件に動きが。 復活か?

LINEで送る
Pocket

前回のエントリーで紹介した、「Googleからのアクセス激減事件」に動きがありました。

▽前回の記事:

2013年7月9日から突然激減した、本ブログへのアクセスですが、その後ずっと激減安定(?)していました。それが昨日(2013年7月21日)、突然のアクセス数復活です。 “《Asu》速報:謎のGoogle検索トラフィック激減事件に動きが。 復活か?” の続きを読む

LINEで送る
Pocket

《Asu》GR DIGITAL IV用の互換バッテリーを購入しました!安い!でもあっさり使えました

LINEで送る
Pocket

愛用しているRICOH GR DIGITAL IVの予備バッテリーを購入したいと思い、いろいろと調べていました。リコーの純正バッテリーが一番安心ですが、あまりの安さに互換バッテリーを購入してみました。

IMG_3311

 

左側がGRD4に付属していた純正バッテリー RICOH DB-65。
右側が今回購入した、ロワジャパンのDB-60互換のバッテリーです。
2個入りで880円(2013年7月20日現在)です。 “《Asu》GR DIGITAL IV用の互換バッテリーを購入しました!安い!でもあっさり使えました” の続きを読む

LINEで送る
Pocket

《Asu》小山龍介『10年後もワクワクできる20代の未来改造計画』は40代の僕にもズシリと来た!

LINEで送る
Pocket

出会ったのは、津田大介さんのメールマガジン『津田マガ』でした

【「Soup Stock Tokyo」誕生秘話】津田大介の「メディアの現場」vol.81 の中で、特別企画として本書の第4章が無料公開されていました。


10年後もワクワクできる 20代の未来改造計画(東洋経済新報社)
著:小山龍介

津田大介さん(@tsuda)のメルマガでは、ときどき、書籍の一部分を無料で公開されていることがあります。書評という形で本を紹介するのではなく、その一部分を無料でそのまんま掲載してしまう、というこのスタイルは従来のメディアではあまりありませんでした。

津田さんもメルマガのQ&Aで語っていましたが、実はこのやり方は出版社も著者も、そして紹介するものにとっても、お互いがWin-Winの関係となる、優れたビジネスモデルであるとのこと。言われてみればまさにそのとおりだと思いました。

現に、わたしもこのメルマガで一部を読んだ後、即効でAmazonのKindleストアで購入してしまい、そのままKindleで読み始めてしまいました。 “《Asu》小山龍介『10年後もワクワクできる20代の未来改造計画』は40代の僕にもズシリと来た!” の続きを読む

LINEで送る
Pocket

《Asu》ChromeプラグインAmazon Price TrackerでAmazonの買い時を判断する!

LINEで送る
Pocket

注文してから届くまでのスピードの早さ、そして在庫や商品数の多さが魅力的で、Amazonをよく利用しています。

書籍などは、あまり価格の変動はありませんが、家電製品やデジタル機器、カメラなどは価格の変動がかなりあります。このような商品は特に急いでいる場合を除いて、なるべく安い値段で買いたいですから、いろいろなお店や通販の販売価格をチェックします。

商品にもライフサイクルのようなものがあって、一般的には新発売直後が一番価格が高く、それ以降は細かい変動はあるものの、大きな動きとしてはだんだん価格が下がっていきます。そして新機種の発売のタイミングで、旧機種の販売が終了、という流れになっています。

動いていく価格の中でどこで買うべきか。これを判断する助けになる、便利なツールを発見しました。わたしが一番よく利用するAmazonの価格トレンド(履歴)を表示してくれる、Google Chromeの拡張機能です。

 

Amazon Price Tracker

2013-07-13 22.41 のイメージ

Amazon Price Tracker 〜Chromeウェブストア

上記のリンクをクリックすると、Chromeウェブストアが開き、ここから各種プラグインをインストールすることができます。 “《Asu》ChromeプラグインAmazon Price TrackerでAmazonの買い時を判断する!” の続きを読む

LINEで送る
Pocket