《Asu》自分だけのオリジナルインクが手軽に楽しめる、カキモリのローラーボール

LINEで送る
Pocket

前回の記事でちらっと出てきた、謎のペンについて紹介します。

自分の好きな万年筆用のインクを入れて楽しめるボールペンです。名前は「カキモリのローラーボール」

ドイツのペンメーカーが、万年筆インク用のボールペンを作っていて、それをカキモリのためにオリジナル商品として作ってもらったものです。

前回の記事のオリジナルインクを作った時に、セットで購入しました。

商品仕様

  • 商品名: カキモリのローラーボール(万年筆インク専用ボールペン)
  • 製造国: ドイツ
  • 付属品: コンバーター(ヨーロッパタイプ)、スポイト、カップ適合カートリッジ: ヨーロッパタイプ(ロングタイプも可)
  • 価格: 1728円
  • 販売開始: 2014年9月27日

開封レポート

パッケージはシンプルです。

裏に取説が記載された台紙とペンが袋に入っています。

ユニークな付属品があります。スポイドとミニビーカー。これらの使途については後述します。

細部を見てみる

キャップには、白い文字でカキモリのロゴマークがさりげなく入っています。

キャップの内部に見える半透明の筒のようなものは、キャップをしている時にペン先の感想を防ぐためのものでしょう。

ゲルインクとかではなく、サラサラで粘度の低い万年筆用のインクを使うため、普通のボールペンよりインクの水分が蒸発しやすいはずです。それをなるべく抑えるための機能ですね。

キャップにつけられたクリップはゆるい曲線のシンプルなもの。特に装飾等はありません。

キャップの上の部分。なかなか高級感もありますね。

ボディー部分を分解してみます。中にはコンバーターが装着されています。

コンバーターは引っ張れば取り外せます。左側がペン先に挿入したりインクを吸入したりする方で穴が開いています。右の黒いツマミを回すと、内部の注射器のピストンのような部品が動いてインクを吸い上げるという仕組みです。

ペン先は普通のローラーボール(ボールペン)に見えますね。

取り扱い説明書の内容

パッケージの台紙の裏が取説になっていますが、英語で書かれていますので、簡単に要約をまとめておきます。(ドイツ語じゃなくてよかった)

▼使用上の注意

  1. 書く時には50°ぐらいペンを寝かせてください。(あまり立てて書くとインクが出にくいです)
  2. 1〜2週間以上使わずに置いておくとインクの水分が蒸発して書けなくなることがあります。
  3. インクが乾燥してしまったときはペン先を水で洗ってよく乾燥させてから、新しいインクを入れてください。

他に、コンバーターへのインクの充填方法も説明されていますが、ここは実際にやってみましたので写真付きで説明します。

インクを吸入する

今回はカキモリで作った、オリジナルのインク「Sonic Gray Blue Flannel」を入れてみることにします。

これが、自分で作ったオリジナルインク「Sonic Gray Blue Flannel」

キャップを外します。この時に、ボトルの口の部分についているインクをしっかり拭き取っておきます。吸入作業をしている時に、余計なところがインクで汚れるのを防止です。次回からのことも考えて、キャップの内側についてもキレイにしておくとさらにいいですね。

事前にコンバーターのツマミを回して、ピストンを下げておきます。

写真のような感じでコンバーターの穴の開いた方をインクにどっぷり浸けます。このまま上の黒いツマミを回してインクを吸い上げていきます。

たっぷり吸い込めましたね。

口の部分と外側に付いた余計なインクを拭き取ります。ボトルの口にインクがついていると、手にインクがべったりついてしまうこともあります。

そしてペンに装着。奥までぐっと押し込みます。

コンバーターを装着してペン先を下に向けておくと、ペン先の内部のところにインクが染み出してくるのがわかります。赤や緑などの明るい色のインクだと、この部分の色も楽しめると思います。

1分もするとペン先にインクがやってきて、書けるようになりました。

万年筆よりも手軽に使うことができるローラーボール、これまで万年筆を使ったことのない方でも、いろいろなインクを楽しむことができます。ぜひ、このカキモリのローラーボールを試してみてください。

蔵前のカキモリのお店に行くと、もちろん試し書きもできます。

あと、説明にもありましたが、普通のローラーボールと比べてペン先が乾燥しやすいようなので、なるべく日常的に使う頻度の高いカラーを入れておく方がいいと思います。

付属のスポイドとビーカーはいつ使うか

ボトルインクを使っていて残りが少なくなってくると、インクの水位が下がってきます。こうなるとボトルの形状によっては、コンバーターの口がインクに届かない場合があります。このような時が同梱されていたスポイドとミニビーカーの出番です。

今回使った、カキモリのインクボトルはタテ型なので最後の方はお世話になるかもしれませんね。

また、このスポイドはペン先の洗浄においても使えると思います。また別の機会に試してみたいと思います。

コンバーターの購入について

このカキモリのローラーボールに付属しているコンバーターは、万年筆用のコンバーターで「ヨーロッパ規格」のものです。

ヨーロッパの万年筆メーカーから発売されているコンバーターであれば、たいがい使えるものだと思います。

▼万年筆にもコンバーター、こちらの記事もぜひお読みください。

《Asu》万年筆の楽しみが無限に広がる! コンバーターを使ってインクの旅に出よう | アスノート AsuNote.jp

《Asu》コンバーターを使ってさらに広がるサファリ万年筆のインクカートリッジ生活 | アスノート AsuNote.jp

Posted from SLPRO X for iPhone.

LINEで送る
Pocket