《Asu》新しいiPhoneが届いたらまずやっておきたい3つの対策

LINEで送る
Pocket

新しいiPhone 6S, 6S Plusが届いたら、すぐにもガンガン使いたいところですが、その前にやっておくと後々良かったと思える対策があります。

  1. 液晶パネルの保護
  2. 本体ケースの装着、ケースそのもののお手入れ
  3. ライトニングケーブルの断線対策


新しいiPhoneを注文された方、おめでとうございます!使い始める前に次の対策をしておきましょう。

液晶パネルの保護

スマートフォンの大きな液晶は、モノをぶつけたり、落下させた時に割れてしまうことがあります。

破損から液晶を守るために、多くの皆さんが、保護フィルムを貼っていますよね。

従来の柔らかいフィルムだと、パネル表面の質感が変化してしまうことが多く、せっかくのiPhoneのしっとりツルツルの液晶パネルの良さを損ねてしまうことがありました。

そこでオススメするのは、薄いガラスでできた保護パネルを貼ること。ガラスパネルはフィルムと、比べると少々お値段が高くなりますが、それを上回る良いことがあります。

ガラスパネルのメリット

  • 保護性能が高い
  • 表面がホントにツルツルになる
  • 貼る時に気泡が入りにくい

ガラスパネルの感動は、こちらのブログでも取り上げられています。

[Å] 衝撃のツルツル!iPhone 6に強化ガラス「クリスタルアーマー 0.33mm」を付けて使い易さ100倍向上 | あかめ女子のwebメモ
ガラスの保護フィルムはたくさんのメーカーから発売されていて、価格も高いものからリーズナブルなものまで販売されています。

これはエレコム製の商品です。結構高めの値段ですね

実は私が使っているのは、次に紹介するややリーズナブルなもの。これでも充分に使い勝手はイイです。が、iPhone6で半年ほど使っていたら、あちこちが痛んできました。本当は保護機能がキチンと働いてくれた結果なのかもしれませんね。

痛んできたら新しいものに貼り替えるのが本来だと思います。

本体ケースの装着とケースのお手入れ

iPhoneの本体ケースは、ホントにさまざまな商品が発売されていますが、私はずっとApple純正のレザーケースを使っています。

Appleのレザーケースは本革製なので、革製品としてのお手入れをすることが大切だと思います。

本革のバッグや財布、そして靴であればそれなりにお手入れをする人が多いですが、iPhoneケースは見落としがち。ぜひとも購入したら使い始める前に基本的なお手入れをすることをオススメします。

以前の記事を紹介します。

《Asu》Apple純正iPhoneレザーケース 使いはじめのお手入れ | アスノート AsuNote.jp

いろいろな革製品のお手入れに活用できる、ラナパーを使ったお手入れ方法の紹介です。

ラナパーは、さまざまな容量がありますので、まずはいちばん小さいのを気軽に試してみることができます。

ネット通販でも購入できますが、東急ハンズなどのお店や、革製品を扱うお店でも取り扱われています。

ライトニングケーブルの断線対策

最後になりますが、これ結構重要だと思う、iPhoneに付属してくるLightningケーブルの断線対策です。

純正のケーブルはすぐに断線してしまうことで有名です。だいたい、iPhone側のライトニングコネクターの付け根のところがダメになってきます。

この断線を防ぐアイデアとして、ボールペンのスプリングを使う方法などが話題になっていましたが、もっとお手軽にできる断線対策の方法を発見しました。なんと輪ゴム1本で断線対策ができてしまいます。

《Asu》新しいiPhoneが来たらまずやっておきたい!ライトニングケーブルの断線対策 | アスノート AsuNote.jp

普通の輪ゴムではちょっと、という人はカラーゴムを使ったり、上から別のものでデコレーションしてもイイと思います。

まとめ、後記

新しいiPhoneが届いてまずやっておきたいこととして、私が実際に行っている方法を3つ紹介しました。

  1. 液晶パネルの保護
  2. 本体ケースの装着、ケースそのもののお手入れ
  3. ライトニングケーブルの断線対策

今回のiPhone 6S, 6S Plusは、見た目はあまり変わっていませんが、中身はほとんど別物!というような進化を遂げています。

自分のiPhone6はまだ購入してから1年なので、通常だと機種変はスキップの年なのですが、ソフトバンクからは早期機種変を勧めるキャンペーンが届いたりして、心動かされる今日この頃です。

Posted from SLPRO X for iPhone.

LINEで送る
Pocket