《Asu》小山龍介『10年後もワクワクできる20代の未来改造計画』は40代の僕にもズシリと来た!

LINEで送る
Pocket

出会ったのは、津田大介さんのメールマガジン『津田マガ』でした

【「Soup Stock Tokyo」誕生秘話】津田大介の「メディアの現場」vol.81 の中で、特別企画として本書の第4章が無料公開されていました。


10年後もワクワクできる 20代の未来改造計画(東洋経済新報社)
著:小山龍介

津田大介さん(@tsuda)のメルマガでは、ときどき、書籍の一部分を無料で公開されていることがあります。書評という形で本を紹介するのではなく、その一部分を無料でそのまんま掲載してしまう、というこのスタイルは従来のメディアではあまりありませんでした。

津田さんもメルマガのQ&Aで語っていましたが、実はこのやり方は出版社も著者も、そして紹介するものにとっても、お互いがWin-Winの関係となる、優れたビジネスモデルであるとのこと。言われてみればまさにそのとおりだと思いました。

現に、わたしもこのメルマガで一部を読んだ後、即効でAmazonのKindleストアで購入してしまい、そのままKindleで読み始めてしまいました。 “《Asu》小山龍介『10年後もワクワクできる20代の未来改造計画』は40代の僕にもズシリと来た!” の続きを読む

LINEで送る
Pocket

《Asu》KindleとEvernoteで作る自分だけの読書ノート

LINEで送る
Pocket

今回は、KindleとEvernoteを使って、超効率で自分だけの読書ノートを作る方法を紹介します。AppleからiBookstoreが出ましたが、これがあるからKindleから離れられない感じです。

まず、本を読むのはKindleですが、Kindle paperwhiteでも、iPad miniやiPhoneのKindleアプリでも構いません。本を読みながら、ここは大事!取っておきたいと思うところにどんどんハイライトをつけていきます。

“《Asu》KindleとEvernoteで作る自分だけの読書ノート” の続きを読む

LINEで送る
Pocket

《Asu》Kindle Paperwhiteを使い倒す! ほんとの薄型カバーが欲しい

LINEで送る
Pocket

AppleのiBookstoreが日本語書籍を取り扱うようになりました。しかし、私の日々の読書のメインはやはりKindle。コミックスや写真入りの本、雑誌などはiPad
miniがベストマッチなんですが、やはり小説などの活字を主体とした電子書籍を読むのは、こいつKindle
Paperwhiteがベストです。 2012年の暮れも押し迫った12月31日、大晦日に届いた私のKindle
Paperwhite。本体と同時に、Amazon純正のレザーカバーを購入しました。

“《Asu》Kindle Paperwhiteを使い倒す! ほんとの薄型カバーが欲しい” の続きを読む

LINEで送る
Pocket