《Asu》こんなレイアウトの電子書籍ストアがあったら、またたくさん買ってしまう!新レイアウト提案

LINEで送る
Pocket

AppleのiBookStoreが日本の書籍を取り扱うようになって、AmazonのKindleも合わせて、やっと日本の電子書籍ストアが出揃った感じです。

これまで、主にKindleで電子書籍を利用していました。その手軽さから、自分が思ったよりも購入量が増えていたようで、毎月のクレジットカードの請求を見ては、ビビる日々がここのところ続いています。

▼文字主体の電子書籍を読むのに絶対オススメ

電子書籍ストアのレイアウトは平積みだ

2013-03-23 0.10 のイメージ
iBookStore(Apple)

2013-03-23 0.44 のイメージ
Amazon Kindle本

いつも電子書籍ストアで本をさがす時に感じていましたが、だいたいどこのストアでも表示の画像が並べてあって、その画像の下に小さくタイトルと値段が書いてあります。

これはまさに、書店の平積みレイアウト。
リアル本屋さんでは、売れ筋の本や新刊などが、このレイアウトで展示されています。
本の存在は強くアピールされるので目立ちますが、スペースに対してあまりたくさんの本を展示できないレイアウトです。 “《Asu》こんなレイアウトの電子書籍ストアがあったら、またたくさん買ってしまう!新レイアウト提案”の続きを読む

LINEで送る
Pocket

《Asu》iBookstoreでセルフ・パブリッシングするための方法|Geen Mapperの藤井太洋さんが解説!

LINEで送る
Pocket

GeenMapper、UNDER GROUND MARKETの藤井太洋さん(@t_trace)が、iBookstoreでのセルフパブリッシングの方法を、早速解説してくれています。

iBookstoreでセルフ・パブリッシングするための方法

さっそく、Geen MapperがiBookstoreで購入できるようになったそうです。

2013年4月27日まで、特別価格の300円で販売されるそうなので、まだ読んでいない人はぜひ!

さて、iBookstoreでセルフ・パブリッシングするための方法ですが、 “《Asu》iBookstoreでセルフ・パブリッシングするための方法|Geen Mapperの藤井太洋さんが解説!”の続きを読む

LINEで送る
Pocket