《Asu》感動の第2弾 池井戸潤「下町ロケット2」(小学館)が発売!早速kindleで読みました

LINEで送る
Pocket

テレビドラマも快調なスタートを切った、池井戸潤さんの小説「下町ロケット」の続編が、本日発売開始されました。

今日は仕事で朝から出張でしたが、そんな時でもkindleならいつでもどこでも購入できます。

移動中と帰宅したあとで、一気に読み終わりました。

“《Asu》感動の第2弾 池井戸潤「下町ロケット2」(小学館)が発売!早速kindleで読みました”の続きを読む

LINEで送る
Pocket

《Asu》あの感動のスピーチが手の中に!〜書評 畠山雄二「英文法徹底解読 スティーブ・ジョブズのスタンフォード大学卒業式講演」(ベレ出版)

LINEで送る
Pocket

2005年6月12日にスタンフォード大学の卒業式で行われた、スティーブ・ジョブズのスピーチは、世界中の多くの人々を感動させた名スピーチとして有名です。

私も新しくノートを下ろした時に行うセレモニーとして一番はじめのページに書き込む言葉として、このスピーチからよく引用します。

「英文法徹底解説」とタイトルにありますが、単なる英語学習書ではない、著者の思いが随所に込められた一冊を紹介します。

“《Asu》あの感動のスピーチが手の中に!〜書評 畠山雄二「英文法徹底解読 スティーブ・ジョブズのスタンフォード大学卒業式講演」(ベレ出版)”の続きを読む

LINEで送る
Pocket

《Asu》たった今 池井戸潤「下町ロケット」を読み終わって震えているところ

LINEで送る
Pocket

ドラマも始まって話題の、池井戸潤「下町ロケット」(小学館文庫)を、今読み終わりました!

歳をとったせいか、感動で涙がちょちょぎれています。

“《Asu》たった今 池井戸潤「下町ロケット」を読み終わって震えているところ”の続きを読む

LINEで送る
Pocket

《Asu》書評 和田一郎「僕が四十二歳で脱サラして、妻と始めた小さな起業の物語」(バジリコ)

LINEで送る
Pocket

※著者の和田一郎さんから献本いただきました。和田さん、ありがとうございます。

著者の和田一郎さんの前著「僕が18年勤めた会社を辞めた時、後悔した12のこと」に続く第2作目です。

本書はタイトルの通り、起業のストーリーではあるのですが、世の中で多く語られている、いわゆる「起業家ストーリー」とは大きく異なっています。

そもそも目指しているものが違っていることは後で述べます。

普通のビジネス書、起業本は通常、成功へと至る過程を書いていたとしても、後からその道筋を眺めてある程度ストーリーとしてキレイに仕立て上げられたものになっていることが多いと思います。

しかし本書で語られるストーリーは、もう少し途中の迷った過程やその時々で考えたこと、学んだことが、よりリアルに描かれています。

“《Asu》書評 和田一郎「僕が四十二歳で脱サラして、妻と始めた小さな起業の物語」(バジリコ)”の続きを読む

LINEで送る
Pocket

《Asu》シルバーウィーク読書日記 村上春樹「職業としての小説家」他

LINEで送る
Pocket

秋の夜長にゆったりと読書を楽しむ。こんな時はKindleなどの電子書籍ではなく、紙の本をめくるのがなんとなく落ち着きます。

休みの初めに購入した本を紹介します。

今回は所用で出かけた相模原の紀伊国屋書店に立ち寄った時に見つけて、その場で購入、、、はせずにiPhoneからAmazonで注文。ちょっと用事があったので荷物を持ち歩きたくなかったし、まだ当日配送ができたので、夕方家に帰ると今日のうちに受け取ることができます。Amazonプレミアム会員の嬉しいところです。

“《Asu》シルバーウィーク読書日記 村上春樹「職業としての小説家」他”の続きを読む

LINEで送る
Pocket