《Asu》プラチナ #3776 CENTURY ブルゴーニュにコンバーターを装着 さぁ書いてみよう

LINEで送る
Pocket

これまでの記事:

先日購入したプラチナ #3776 CENTURY ブルゴーニュ。さっそく書いてみたいと思います。
この万年筆は、カートリッジインクか、コンバーターを使ってボトルインクを使うことができます。今回はこの万年筆で使ってみたいインクがありました。

以前のエントリーで紹介した、セーラーのボトルインク:極黒 です。

R0010583

《Asu》モレスキンと万年筆 究極の黒インク セーラーナノインク極黒は裏抜けしないぞ

このインクは顔料インク(顔料インクについての説明は上のエントリーを参照ください)なので、今使っている、裏抜けがひどいモレスキンノートの用紙に書いた時にも裏抜けがほとんどありません。 “《Asu》プラチナ #3776 CENTURY ブルゴーニュにコンバーターを装着 さぁ書いてみよう” の続きを読む

LINEで送る
Pocket

《Asu》ワインの輝きを凝縮 プラチナ万年筆 #3776 CENTURY ブルゴーニュを購入

LINEで送る
Pocket

ここのところ、モレスキンの裏抜けに強いインクを探索している中で、セーラーやプラチナの顔料系インクにたどり着きました。そしてセーラーの顔料ナノインク「青墨」と「極黒」を使うようになったわけですが、その過程でセーラーやプラチナなどの国産メーカーの万年筆にも興味が出てきて、いろいろと調べていたわけです。

▽これまでの関連エントリー
《Asu》モレスキンと万年筆 究極の黒インク セーラーナノインク極黒は裏抜けしないぞ
《Asu》モレスキンと万年筆 現時点での対裏抜け最強インクだ! セーラーナノインク「青墨」
《Asu》モレスキンと万年筆 究極の裏抜け対策 顔料インク セーラー「青墨」を購入!

その中で今、一番強く物欲センサーが働いたのがこれ、
プラチナ #3776 CENTURY ブルゴーニュ

R0010675

仕事がちょっと早めに帰れるときに、閉店20分前の銀座・伊東屋に行きました。 “《Asu》ワインの輝きを凝縮 プラチナ万年筆 #3776 CENTURY ブルゴーニュを購入” の続きを読む

LINEで送る
Pocket

《Asu》自分流モレスキンの使い方 使い始めの儀式と使い方の基本ルール

LINEで送る
Pocket

メインの母艦ノートとして、モレスキンを愛用しています。
そのデザインのシンプルさと、ノート部分の汎用性の高さから、使う人に合わせたいろいろな使い方が使う人の数だけあります。モレスキナリーなどで、素晴らしくアーティスティックなモレスキンが紹介されているのを見て、すごいな〜と思っていますが、私の場合はそんな素敵な使い方はできません。まったく実用的な使い方をしているわけですが、そんな自分なりのモレスキンの使い方を紹介しましょう。

“《Asu》自分流モレスキンの使い方 使い始めの儀式と使い方の基本ルール” の続きを読む

LINEで送る
Pocket

《Asu》モレスキンと万年筆 究極の黒インク セーラーナノインク極黒は裏抜けしないぞ

LINEで送る
Pocket

前回のエントリーでは、対モレスキン裏抜け対策インクの有力候補として、セーラーの超微粒子顔料インク「青墨」を導入し、見事!ほぼカンペキな対裏抜け性能を持っていることを確認しました。

さて、こうなると他の色、他の顔料系インクも気になってくるところです。
まずは同じセーラーから発売されている、「極黒」(きわぐろ)を試してみようと思います。
次回のこのシリーズでは、「極黒」をレポートしてみたいと思います。

前エントリーの予告通り、同じ顔料ナノインクの、セーラー「極黒」を購入しましたのでさっそくレポートしてみましょう。それではいってみましょう。 “《Asu》モレスキンと万年筆 究極の黒インク セーラーナノインク極黒は裏抜けしないぞ” の続きを読む

LINEで送る
Pocket

《Asu》万年筆の楽しみが無限に広がる! コンバーターを使ってインクの旅に出よう

LINEで送る
Pocket

▼関連エントリー

コストパフォーマンスが高い万年筆として、わたしも愛用している万年筆。LAMY(ラミー)のサファリシリーズ(サファリ、アルスター)。カートリッジインクが使えるので、初めて万年筆を使う人にもお手軽に楽しめるようになっています。

万年筆を使う楽しみの一つ(というか結構これは大きいかもです)として、いろいろなインクを楽しむということがあげられます。今回は、LAMYサファリを例にあげて、いろいろなインクを楽しむためにコンバーターを使う方法を紹介したいと思います。 “《Asu》万年筆の楽しみが無限に広がる! コンバーターを使ってインクの旅に出よう” の続きを読む

LINEで送る
Pocket