《Asu》昇進させられないためのタタカイ 〜組織は無能な者を意図的に昇進させる・・・ディルバートの法則

LINEで送る
Pocket

先日のエントリーで紹介した、ピーターの法則は、組織に無能な上司が多い理由を説明するのによく用いられる法則です。

  1. 自分の脳力を超えた、ひとつ上のレベルまでは昇格できるが、うまく役割を果たせなくなったところで昇格がストップする
  2. かつて有能であった平社員は、無能な中間管理職となる
  3. 時間が経つと、どんどん上へ上へと階層が上がる
  4. そして組織は無能な社員で埋め尽くされる

このピーターの法則の発展形で「ディルバートの法則」というものがあります。

企業は、事業への損害を最小限にとどめるために、系統立てて無能な者から管理職(一般に中間管理職)に昇進させて行く傾向がある。 Wikipedia

というものです。これは、アメリカの人気漫画『ディルバート(Dilbert)』の作者であるスコット・アダムズが1995年にその漫画の中で主人公に語らせたものです。その後、この法則をタイトルとした本も書かれ、全米でベストセラーとなったそうです。 “《Asu》昇進させられないためのタタカイ 〜組織は無能な者を意図的に昇進させる・・・ディルバートの法則” の続きを読む

LINEで送る
Pocket

《Asu》会社組織は無能の吹きだまり?? ピーターの法則

LINEで送る
Pocket

日々の生活のなかで、「なんでこんなにいい加減な対応なんだ!」と思うようなことがよくあります。世の中のいろいろなコトは、実は自分が思うよりもデタラメに行われているのかもしれません。

『ピーターの法則』というものがあります。これを知って「あぁ、なるほど〜」と思うことが多々あったりしたので、紹介しましょう。

“《Asu》会社組織は無能の吹きだまり?? ピーターの法則” の続きを読む

LINEで送る
Pocket