《Asu》コンバーターを使ってさらに広がるサファリ万年筆のインクカートリッジ生活

LINEで送る
Pocket

万年筆のインクといえば通常、各メーカーから発売されているカートリッジタイプのものが使われることが多いと思います。

以前の記事で「コンバーター」を使うことで、他のメーカーのインクを広く使うことができるため、万年筆のインクの楽しみが無限に広がります、ということを紹介しました。

《Asu》万年筆の楽しみが無限に広がる! コンバーターを使ってインクの旅に出よう | アスノート AsuNote.jp

今回は、カートリッジインクを主体に楽しまれている人にとっても、コンバーターを1つ持っておくと便利な点について紹介したいと思います。

コンバーターってどんなもの?

これです。

インクカートリッジのかわりに万年筆に装着します。これはラミーのサファリやアルスター用のコンバーターですが、赤い部分を回すと中のピストンが前後に動きます。

万年筆に装着して、ペン先をインクに漬けたまま赤いところを回すと、ピストンがポンプのように働いて、インクを吸い込むことができます。

コンバーターを使うメリット

コンバーターを使うメリットとしては、次のようなことが考えられます。

万年筆の大きな楽しみのひとつとして、いろいろなインクを楽しむということがあります。

カートリッジは各メーカーによって独自の規格で作られているため、一部を除いて他社のカートリッジインクはそのままでは使えません。

また、カートリッジとして発売されているインクの色の種類もそれほど多くはありません。

コンバーターを使えば、他社から発売されているインク(この場合ボトルインクに限りますが)を使うことができます。

ところが、各社から出ているボトルインクは、数10mlという大容量のものが多く、いろいろ集めていると机の上がインクのボトルだらけになってしまいます。

コンバーターでインクを楽しむ人がもっと増えて、小分けボトルサイズのインクが発売されるようになればいいですね。

また、カートリッジに比べて大量のインクを吸入することができるため、大量に文字を書く場合はインクを補給する頻度が少なくなるというメリットもあります。

とはいえカートリッジはやはりお手軽だ

インクの世界が広がるコンバーターですが、カートリッジと比べるとやはりお手軽にというわけにはいかないため、敷居が高くなっているのも事実だと思います。

この記事でオススメしたいのは、

カートリッジを使っている人でも、コンバーターを1つ持っておくといい!

ということです。

カートリッジインクは色を変えるのが面倒

万年筆のインクのカラーを変えたい場合、ペンの中に残っているインクをキレイに洗い流すことが必要です。

色が混ざってしまうことを防ぐという意味もありますが、万年筆をずっと使っていると、ペン先の内部に汚れやインクが固まったものが溜まってきて、インクの流れが悪くなる現象が起こることがあります。

理想的には、インクを補充するタイミングで内部の洗浄を行いたいものです。

カートリッジインクを使っている場合、洗浄の手順としては、

  1. カートリッジを外し、水道水を流しながら洗浄する
  2. 内部のインクを洗浄するため、一晩ぐらい水に浸けておく
  3. ペン先からインクの色が染み出してこないかチェックし、残っていたらさらに水に浸けて置いておく

水に浸けておくと、インクは少しずつ水に溶け出しますので洗浄されますが、この方法だと時間がかかってしまいます。

コンバーターを使って高速洗浄

ここでコンバーターの出番です。

普通はインクを入れておくためのコンバーターですが、ポンプのように水を出し入れする機能を、万年筆の洗浄に使うことで、洗浄のスピードアップをすることができるようになります。

まず、通常どおりカートリッジを外して水道水を、流しながらざっと洗います。

その後コンバーターを装着して、ペン先を水に浸けた状態で、水を吸い込ませて吐き出すことを繰り返します。

この写真のように、水をためた中で赤いところをクリクリ回して、ペンの中に水を出し入れさせます。

すると、想像していたよりもかなり大量のインクがペン先から出てくると思います。

最初は水がすぐに汚れてしまいますので、きれいな水に交換しながら、インクの色が出なくなるまで水の出し入れを繰り返します。

通常のインク補充であれば、何度かやってある程度きれいになればオッケーです。水分を取った後新しいカートリッジを装着します。

インクの色を変える場合は、もう少していねいに洗浄します。コンバーターで色が出なくなるまで洗った後、しばらくそのままペン先を水の中に漬け置きします。その後、再度コンバーターで水を出し入れして、インクの色が完全になくなるまで洗浄しましょう。

特にインクのメーカーを変える場合や、黒や青などの濃い色から明るい色に変更するときは、ていねいに洗浄したほうがいいと思います。

まとめ

  • カートリッジインクを使っている人も、コンバーターを1つ持っておくと便利!
  • 万年筆のお手入れとして、ペン先の洗浄を素早く行うことができます
  • インクの色を変えたい時も、効率よく洗浄することができます

長く使っていると、万年筆の内部が少しずつ詰まってたり汚れたりしますので、半年に一回や、毎年お正月に、などタイミングを決めて大掃除してあげるのもいいかもしれませんね。

▽ラミー サファリ、アルスターに使えるコンバーター

▽パイロット 回転式コンバーター

▽セーラー コンバーター

▽プラチナ コンバーター

Posted from SLPRO X for iPhone.

LINEで送る
Pocket