《Asu》Kindleで吉川英治の三国志が1/8の値段で買える!一気読み!

LINEで送る
Pocket

AmazonのKindle本で、吉川英治の三国志が、『三国志全一冊合本版 (吉川英治歴史時代文庫) [Kindle版]』として発売されていました。

通常の一巻ずつの購入だと、一巻950円が8巻で合計7600円のところが、合本版で950円!お買い得です。

吉川英治について

20130706-120212.jpg

吉川 英治(よしかわ えいじ、1892年(明治25年)8月11日 – 1962年(昭和37年)9月7日)は、日本の小説家。本名、英次(ひでつぐ)。神奈川県生まれ。 様々な職についたのち作家活動に入り、『鳴門秘帖』などで人気作家となる。1935年(昭和10年)より連載が始まった『宮本武蔵』は広範囲な読者を獲得し、大衆小説の代表的な作品となった。戦後は『新・平家物語』、『私本太平記』などの大作を執筆。幅広い読者層を獲得し、「国民文学作家」といわれる。
生年月日: 1892年8月11日
生まれ: 神奈川県
死没: 1962年9月7日, 東京都

著者の吉川英治は、1962年に亡くなっていますので、2012年で没後50年になります。
著作権の保護期間は、著作者の死後50年間ですから、ちょうど保護期間が終了するということになりますね。
参考:著作権の保護期間はどれだけ?|公益社団法人著作権保護センター

三国志の他にも、宮本武蔵の合本版もありました。

以前から興味はあったものの、まだこれらの作品を読んだことがありませんでしたので、この機会に一気読みしようかと思っています。

▽Kindle Paperwhiteのニューモデルが発売!

《Asu》新しいKindle Paperwhiteが発売された!待望の新機能が盛りだくさん!予約注文しました | アスノート AsuNote.jp

LINEで送る
Pocket