《Asu》ロディアの限定版モレスキン風ノートブック ロディアラマ なんだこの違和感は・・・

LINEで送る
Pocket

限定ノートロディアラマを見つけた!

有楽町の東急ハンズのステーショナリーフロアを物色していたら、ロディアから限定版で発売されている、モレスキンにそっくりなノートブック『RHODIARAMA(ロディアラマ)』を発見しました。

rhodiarama-5

ちょっとふわっとした手触りのハードカバーにゴムバンド。カバーのカラーは5色。ゴムバンドの色はロディアイエロー。構成はモレスキンにそっくりですが、そこはさすがロディア、独特の雰囲気があります。レイアウトは横罫のみです。

お店には5色とも置いてありましたが、個人的に気に入ったのはターコイズとブラウンです。

紙質はもちろん、ロディアですので折り紙つきですが、サンプルを見ていて気になったのが、1ページの中の横罫部分のレイアウト。

IMG_3392

写真でうまく通じるでしょうか。ページ全体の中で、罫線が引いてあるエリアの位置が、なんだか少しだけ上に寄り過ぎている感じがします。

2013-07-25 0.00 のイメージ

ちょこっと写真に解説を入れてみました。
罫線エリアが上に寄り過ぎている感じがします。上の余白をもうすこし広くとってくれれば、この違和感は解消されるのではないでしょうか。一番上の罫線を消すぐらいでもいいのかも。

 

クセになるロディアの世界

ロディアといえば、定番商品でもあるメモパッド。ブロックロディアは私も愛用しています。
ささっと書いて、ビッと切り離して、ぱっと手渡したり、貼り付けたり、そして特筆すべき書き心地の良さは、一度使いはじめるとクセになります。

メモパッド以外で愛用しているのが、クラシックダブルリングノート。これはいつも傍らに広げておいておき、アイデアのラフスケッチを書いたり、他の人と話をしながらミニホワイトボード的にメモを書いたりするのに使っています。太めの万年筆を使ってヌラヌラと書くのが心地よい!紙の厚みもちょうどいいので、サインペンや太めの万年筆を使うのに最適な紙質です。

ここまで紹介した3冊は通常の方眼ですが、ミーティングブックという、少し制限されたレイアウトを持つノートブックもあります。ミーティングのメモを効率よく書きたい場合にはこちらもいいかと思います。

▽今回紹介した商品:

   

LINEで送る
Pocket