《Asu》スティーブ・ジョブズ考: キャノン電子 酒巻社長がジョブズから学んだもの「イノベーションのタイミング」|日経情報ストラテジー

LINEで送る
Pocket

アップルやネクストとの取引を通じてスティーブ・ジョブズと親交のあった、キャノン電子の酒巻久社長の記事を見つけました。

日経情報ストラテジー 2013年 04月号

敏腕経営者として、多くの著書でも名前を知られている酒巻社長ですが、単なる取引相手というよりも、同じ世界で切磋琢磨する同志的な匂いを、文章やトピックスから感じることができます。

連載コーナーでもある、「マネジメントの風を読む 第4回 」から、印象的なトピックスの引用を交えて紹介します。

 

“《Asu》スティーブ・ジョブズ考: キャノン電子 酒巻社長がジョブズから学んだもの「イノベーションのタイミング」|日経情報ストラテジー” の続きを読む

LINEで送る
Pocket

《Asu》モレスキン&万年筆でも滲まない、裏抜けしない蛍光ペン! この書き心地はクセになります

LINEで送る
Pocket

私の使っている筆記具は、ほぼ99%が万年筆です。そして、メインで使っているノートはモレスキンです。以前からモレスキンと万年筆の相性問題については、何本か記事を書いてきましたが、今回は脇役でもあります「蛍光ペン」のことを書きます。

以前から、万年筆で書いた文字の上に蛍光ペンでハイライトすると、インクが滲んで流れてしまったりしますし、モレスキンの場合は紙の裏に蛍光ペンのインクが抜けてしまう、ということが起こります。なので、この組み合わせで使うときはほとんど蛍光ペンは使わず、代わりに「三菱 ダーマトグラフ
」を使ってハイライトや色つけを行なっていました。

先日、万年筆の上から書いても滲まない! モレスキンでも裏抜けしない蛍光ペンを見つけ、この数日使ってみましたが、この新しい書き心地はクセになる!ぜひ紹介したい!ということで、さぁ、紹介しましょう。

“《Asu》モレスキン&万年筆でも滲まない、裏抜けしない蛍光ペン! この書き心地はクセになります” の続きを読む

LINEで送る
Pocket

《Asu》ブログ考。書き続けるということ

LINEで送る
Pocket

▼関連するエントリー

 

なぜブログをやっているのでしょうか。

 

  • ブログのアクセス数を○○まで伸ばしたい!
  • 自分のブログだけではなく、本を書いたり、ライターとして他の媒体にも記事を投稿したい
  • 別の本業を成功させるためのセルフブランディングの一つ
  • とにかく書くことでストレス発散になるから

 

人それぞれいろんな理由があると思います。

書き続けるために行うべき行動とは?

 

“《Asu》ブログ考。書き続けるということ” の続きを読む

LINEで送る
Pocket

《Asu》会社組織は無能の吹きだまり?? ピーターの法則

LINEで送る
Pocket

日々の生活のなかで、「なんでこんなにいい加減な対応なんだ!」と思うようなことがよくあります。世の中のいろいろなコトは、実は自分が思うよりもデタラメに行われているのかもしれません。

『ピーターの法則』というものがあります。これを知って「あぁ、なるほど〜」と思うことが多々あったりしたので、紹介しましょう。

“《Asu》会社組織は無能の吹きだまり?? ピーターの法則” の続きを読む

LINEで送る
Pocket

《Asu》私が理想とする読書スタイル 〜本を読むな、自分を読め

書架
LINEで送る
Pocket

本を読む時に心がけていることはどんなことでしょうか?
特に、ビジネス書や自己啓発書を読む時に心がけていることがあります。

こういうジャンルの本は、特に、著者の独自性のある考え方を紹介していることが多いものです。しかし、著者と自分は違う人間ですし、バックグラウンドも違えば、持っているスキルも違う、趣味も違います。本に書かれてあることを、「ふーん、そうなんだ。そういう考えもあるのか…」と思いながら読むだけでは、自分の中になにも残らないことが多いです。何冊読んでも、知識は増えるのかもしれませんが、自分の考え方や行動に与える影響は非常に少ない読み方だと思います。

“《Asu》私が理想とする読書スタイル 〜本を読むな、自分を読め” の続きを読む

LINEで送る
Pocket